ホーム > コタキナバル  »  コタキナバル・ランドパッケージ > アジア最高峰キナバル山登頂(ロッジ1泊)&コタキナバル前後泊自由自在


LINEで送る

【コタキナバル・ランドパッケージ】

アジア最高峰キナバル山登頂(ロッジ1泊)&コタキナバル前後泊自由自在

Mt. Kinabalu 1.jpg

標高4095メートルのキナバル山登頂の本格的な登山を含んだランドパッケージです。途中、山小屋(ロッジ)で1泊し、夜半から未明にかけて山頂を目指します。天気がよければ、山頂からは雲海と朝日が織りなす幻想的な風景を見ることができます。世界中の登山愛好家からも人気があり、夜のロッジでは世界の山仲間との交流も楽しめます。また、「コタキナバルでのリゾートライフもあわせて楽しみたい。」という方のため、コタキナバルでの前後泊のホテル、宿泊数を自由自在に選べる設定にしました。

1 2 3 4 5 6
スマートフォン等によるアクセスで「ナビゲーション」が表示されない場合、フリック操作で写真をスライドできます。  

◆日程:
【1日目】
コタキナバル空港(到着)

市内ホテル

郊外ホテル
《コタキナバル泊》

【2日目】
06:30 市内ホテル

07:30 郊外ホテル

09:30 キナバル国立公園管理事務所
山岳ガイド(英語)と合流、お弁当を配布
ティンポホンゲート(1866m)から登山開始

16:00 山小屋(ラバンラタ レストハウス)
17:30 夕食
《ラバンラタ レストハウス泊》

【3日目】
01:30 モーニングコール
02:00 軽食
02:30

05:30 山頂(ローズピーク)
サンライズ(朝日)鑑賞
06:00

08:30 山小屋(ラバンラタ レストハウス)
朝食
09:30

14:30 昼食[市内レストラン]

15:30

16:30 郊外ホテル

18:30 市内ホテル
《コタキナバル泊》

【4日目】
郊外ホテル

市内ホテル

コタキナバル空港(出発)


【コタキナバル】キナバル国立公園
kinabalu_national_park_1.jpg
東南アジア最高峰のキナバル山とその山麓を中心とする国立公園。面積は75,400ヘクタール。2000年にはユネスコ世界遺産に登録された。低地部は低地熱熱帯雨林帯、中腹部は温帯というふうに複数の気候区分をもつため、公園内には多くの動植物が生息する。


【コタキナバル】キナバル山
mt_kinabalu.jpg
標高4095メートル。東南アジア最高峰。2000年12月、ユネスコ世界遺産に登録される。山麓周辺のトレッキング、頂上への本格的登山などが楽しめる。登山道は整備されており、時間をかければ、とくに登山経験がない人でも登頂できる。晴れた日には頂上からフィリピンの島々が見えることも。



◆食事:
毎朝食・昼食3回・夕食2回

◆所要時間:
3泊4日

◆最少催行人員:
2名

◆料金:

コタキナバル到着日:


参加人数:


コタキナバル到着時の宿泊ホテルと宿泊数:




キナバル山下山時の宿泊ホテルと宿泊数:




表示時間について
◆日程表内のホテルに付記されている時刻は「出発」「到着」の時刻となります。当日の道路状況により、大きく異なる場合もありますので、ご了承ください。また、マレーシア内の休日、祝日、その他の状況により、「ホテル出発時刻」を前後させていただくこともありますが、この場合、代金の決済前に必ずお知らせいたします。ホテルロビー集合はホテル出発の20分前とさせていただいております。

旅行代金に含まれるもの
◆行程に明記された交通費◆行程に明記された日本語ガイド代金(旅行商品によっては、行程全体もしくは行程の一部が英語等の外国語となる場合がありますが、その場合、当欄もしくは旅程に明記します。)◆行程に明記された食事(特に記載がない場合、食事時の飲み物代は旅行代金に含まれておりません。)◆行程に明記された観光施設への入場料等◆行程に係るすべてのチップ

   

登山に関する旅行代金について
◆旅行代金には登山許可申請料、登山保険、登頂証明書、登山レンジャー費用(登山客6名につき1名 他のパーティのお客さまと共同で任用となります。)が含まれております。ポーターの料金は含まれておりません。ポーター(1名:10kgまで)は1名につき、片道5,000円となります。日本語ガイドは登山には同行しません。登山ゲートまでのお送り、下山ゲートでのお出迎えのみとなります。

山小屋(ロッジ)について
◆シングル、ツインなどの個室はなく、5名~10名の相部屋(二段ベッド)での宿泊となります。また、予約状況により、他の山小屋(ロッジ)に宿泊となる場合がありますが、食事はラバンラタ レストハウスでのご用意となります。

登頂にあたっての装備品
◆「4000メートル級登頂、中腹1泊、深夜より山頂アタック」に対応できる登山装備品をご準備ください。例:登山靴、防寒具、ザック、ダッフルバック、雨具、レインウエア、手袋、帽子、タオル、ビニール袋、トイレットペーパー、非常食、虫害防止物、ヘッドランプ、水筒(飲料水)、双眼鏡 等  

 
ツアーコード:1030401xx